« 帰郷ツー中途顛末.. | トップページ | 福岡・佐賀 »

2006年5月 2日 (火)

帰郷ツー中途顛末..Part2

 中国道山崎インターの次のPAで、仲間二人と別れていよいよ一人旅。
小1時間待つも、雨は止まないどこか雨足は更に強くなってきている。
ここで、福岡の家人にバイクで帰ってることを電話報告。
あきれる家人...。「年を考えなさい!!」って、叱咤罵倒されるが、
ゆっくり、安全運転でネって優しい言葉も。

 まあ、待っても雨は止みそうもないのであきらめて出発する。SA~SAで
休憩を繰り返しながら、広島まで来ても雨・風は止まず。ここで、時間は午前零時。
あとも、休み休み走る。山陽道に入り宮島SAで、眠気と疲労で仮眠のつもりが
起きたら30日4時半頃...。ここの喫煙ルームの長椅子が、ちょうどいいサイズ
の簡易ベッド。思わず3時間ほど寝たみたいであります。他の喫煙家のみなさん
迷惑掛けました。

Cimg0001

Cimg0003

那珂下りのSAあたりから、天候も快復してきて星が見えてきた。
いい感じと、気を取り直して走ってしばらくすると、今度は濃霧で
視界が50mもなく、徐行運転するが、追い越す車に気を使いながら
ハザート代わりにウィンカーを点滅しながら走った。
で、霧が晴れたと思ったら今度は雹みたいな大粒の雨...。バタバタ
とヘルメットを叩くが一瞬だった。
やっと、宮島まで辿りついて、すっかり憔悴...。

Cimg0005

Cimg0004

宮島を出て、今度は下松SAで朝食。昨日の雨風はどこへやらの快晴である。
ん~、これじゃなくちゃネ。ここで、洗顔・歯磨きして合羽を脱いですっきりする。
5時半である。貝汁定食を食って...。

Cimg0006
あさりたっぷりの貝汁定食。580円也でしたが、疲れと眠気はおかげで
とれました。6時にここを出発し、快適に関門海峡を目指す。天気がいいと
身も心もバイクも、気持ちがいい。昨夜の風雨との格闘は夢だったんだろうかと
思うほどの快適さです。

Cimg0008
午前8時過ぎに九州上陸、無事に関門海峡を渡りました。橋の上は時折突風の
吹く、強風でしたが。写真は壇ノ浦SAです。

Cimg0010

Cimg0009

ここで、一時間ほど散策しているとハーレー・W650・R6の3台のグループの
ハーレーの方から、5/3にRC42の集いがあるから参加しませんかとのお誘い。
場所は久留米の百年公園に10時ってこと。
返事は留保したものの、行ってみたい衝動に..。

あと、九州道に入り古賀SAで休憩し福岡インターを10時にでた。下の道をゆっくりと
自宅着10時30分。何と、17時間にも及ぶ高速ツーリングは無事に半分終わりました。
総走行距離968キロ、雨と風、霧に寒暖の差とのふれあいは自然と遊ぶって感覚じゃ
なくって、まさに格闘するって感覚でした。

« 帰郷ツー中途顛末.. | トップページ | 福岡・佐賀 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/9863971

この記事へのトラックバック一覧です: 帰郷ツー中途顛末..Part2:

« 帰郷ツー中途顛末.. | トップページ | 福岡・佐賀 »