« 亀八食堂ツー | トップページ | 今日の出来事 »

2006年10月 2日 (月)

凱旋門賞

(ネット競馬COMより)

凱旋門賞、ディープインパクト敗れる


  現地時間10月1日、仏・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(仏G1・ 芝2400m)に出走した武豊騎手騎乗のディープインパクト(牡4、日本・池江泰郎厩舎)は、スタート直後から好位の外目を追走。 4角入り口から進出を開始すると、直線半ばでは一旦先頭に立つも、中団追走のレイルリンク Rail Link、 最後方で脚を溜めていたプライド Prideとの叩き合いに敗れ、3着に終わった。


凱旋門賞、ディープインパクト敗れる 

勝ったのは、S.パスキエ騎手騎乗のレイルリンク Rail Link(牡3、仏・A.ファーブル厩     舎)。 直線残り100mでディープインパクトを競り落とすと、追い込んだプライド Prideをクビ  差抑えて快勝した。 勝ちタイムは2分31秒70(良)。戦前にディープインパクトとともに3強を形成した昨年の覇者ハリケーンラン Hurricane Runは4着、シロッコ Shiroccoは最下位8着に敗れた。

 

 勝ったレイルリンクは、父Dansili、母Docklands(その父Theatrical)という血統の英国産馬。 半兄にチェルシーマナー Chelsea Manor(父Grand Lodge、メゾンラフィット杯-仏G3)がいる。 06年4月のデビュー戦は内ラチに突っ込み競走中止。3戦目のメイドン(未勝利)で勝ち上がると、続くリス賞(仏G3)で重賞初制覇。 さらに凱旋門賞と同コースで行われた7月のパリ大賞典(仏G1)でG1奪取を飾った。 秋は過去10年の凱旋門賞で8頭の勝ち馬を出しているニエル賞(仏G2)で始動。ここを半馬身差で制し、凱旋門賞に挑んでいた。 デビュー3戦目からの5連勝で、通算成績7戦5勝。

 鞍上のS.パスキエ騎手は凱旋門賞初制覇。管理する仏・A.ファーブル調教師は、昨年のハリケーンランに続く連覇で、 歴代最多の通算7勝目となった。

ディープインパクト(内)は直線一旦先頭に立ったが、レイルリンク(外)、プライドに交わされ3着に敗れた(撮影: 高橋正和)  2006年10月02日


☆ほとんど差のない競馬だったと言えば、それまであるが...。
コンマの世界で凌ぎを削ってる競馬。仕上がりはよかったようだが、
回りの雰囲気にのまれたしまったんでしょうか。
直線でのユタカの一鞭に反応が鈍かったんが気になった。
世界の壁は厚いですネ。帰国してからの影響が心配です。

 

« 亀八食堂ツー | トップページ | 今日の出来事 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/12119919

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞:

« 亀八食堂ツー | トップページ | 今日の出来事 »