« ツーリング風景・休憩 | トップページ | 九州の「道の駅」巡り・NO8 »

2007年8月21日 (火)

九州の「道の駅」巡り・NO7

◇8月16日 1日目 南九州北部
 九州道大宰府IC→御船IC~通潤橋~清和文楽邑~高千穂~青雲橋~北浦~北川はゆま~日向~とうごう → 綾 (宿泊)

Fz8sraug1619_003 Fz8sraug1619_012 Fz8sraug1619_014
通潤橋・快晴の朝は光の具合が悪く撮影には適してないようです。
また、放水は5千円程度でやってもらえるそうです。
(無料放水は日曜正午か観光バス団体が来たときは観られます。)

Fx1sraug1617_007 Fx1sraug1617_009
総庄屋 布田保之助の像
◇道の駅 通潤橋 熊本県上益城郡山都町 R218
道の駅自体の施設はあまり褒められるものではありませんが、隣接する
石造りの水路橋は日本最大のもので、国の重要文化財に指定されてます。
高さのある水路橋ですが、手摺などもないにも関わらず今迄に転落した人
はひとりもいないそうです。

~Wikipedia~

通潤橋は1854年(嘉永7年)、水源に乏しい白糸台地へ水を送るために架けられた通水橋であり、建造にあたっては地元の総庄屋であった布田保之助が計画を立てて資金を調達し、熊本八代の種山石工技術者集団の協力を得、近隣農民がこぞって建設作業に参加した。

この水路付き石橋は、アーチ型の木枠(支保工)を作った上に石を置き、水路を設置して橋が完成したところで木枠を外す工法により建造された。石橋の木枠を外す最終段階には、橋の中央に白装束を纏った布田翁が鎮座し、石工頭も切腹用の短刀を懐にして臨んだという。

単一アーチ式水路石橋という特異な構造と物理的原理が見事に成り立っていることから、その貴重さが認められて、1960年(昭和35年)に国の重要文化財の指定を受け、またくまもとアートポリス選定既存建造物にも選定された。 この地域には通潤橋の他にも規模の大きなアーチ石橋が架けられており、加藤清正以来の肥後石工集団の技術の高さを示すものである。

Fx1sraug1617_010
◇道の駅 清和文楽邑 熊本県上益城郡山都町 R218
清和文楽人形芝居が売り物で、この地の農村文化の原型を今に
伝える劇場も併設しています。(時間の都合で観劇できませんでした。)

Fx1sraug1617_014 Fx1sraug1617_012
なんとかのミコトが壁一面に^^。
Fx1sraug1617_011 Fx1sraug1617_013
◇道の駅 高千穂 宮崎県西臼杵郡高千穂町 R218
清和文楽邑から高千穂間は山深い国道路の快走路です。
夏の暑い日でも、このルートは涼しくて快適に走れます。
道の駅自体もきれいで、ちゃんと駅の機能を果たしてました。
ランチはここで〔チャンどん〕を食べました。うどんにちゃんぽんの具が。

また、この高千穂町は神話がたくさんあって景色のきれいなスポット
も多々あります。高千穂峡、天岩戸神社、夜神楽等はお勧め。

Fx1sraug1617_017 Fx1sraug1617_018
カキ氷で水分補給、暑さはピークです。

Fz8sraug1619_020 Fz8sraug1619_022 
◇道の駅 青雲橋 宮崎県西臼杵郡日之影町 R218
水面から高さ137m、東洋一の青雲橋に隣接する小規模な道の駅
です。橋から下を見下ろすと吸い込まれそうになります。写真下の
旧R218沿いも1.5車線ですが、ずっと渓谷沿いでツーリングでは
走ってみる価値がありますよ。

Fx1sraug1617_021 Fx1sraug1617_019 Fx1sraug1617_020_2
◇道の駅 北浦 宮崎県延岡市北浦町古江 R388
下阿蘇ビーチとキャンプ場に隣接する砂浜のきれいな海の見える
駅です。海水浴には最適で、日本の快水浴場(海の部)百選に選ばれています。
夏休み中にも関わらずに、お客さんはまばら。田舎の特権です。

Fx1sraug1617_022 Fx1sraug1617_024 Fx1sraug1617_025_2
◇道の駅 北川はゆま 宮崎県延岡市北川町 R10
東九州を縦断する基幹国道10号線にある宮崎県で2番目の登録駅
です。はゆまの由来についてはよく判りません。大分方面から南下中
に一服するには、ちょうどいいとこにあります。

Fx1sraug1617_026 Fx1sraug1617_027 Fx1sraug1617_029
◇道の駅 日向 宮崎県日向市 R10
日豊海岸国定公園内に位置し、晴れた日の海と空のコントラストは
最高のとこです。特にこの時期は水平線まで見渡せます。
すぐ近くにオートキャンプ場と温泉もあります。

Fx1sraug1617_033 Fx1sraug1617_032
Fx1sraug1617_034 Fx1sraug1617_035
◇道の駅 とうごう 宮崎県日向市東郷町 R327・R446
詩人「若山牧水」のふるさとです。静かな山村で、ひときわ目立つ
道の駅です。おそらく、東郷町で一番大きい施設と思います。
町の重要な役割を果たしていそうです。

☆以上で1日目は道の駅巡りは終了です。
このあと、松尾ダム~木城町と山岳道路をカットして行きましたが
途中崖崩れで通行止め、大変な林道を迂回して綾町まで走りました。

☆1日目の走行距離 502㌔ 快晴・29℃~35℃ 
☆訪問駅 熊本2駅 宮崎6駅 計8駅

◇2008年4月23日・写真サイズ及び写真追加しました。

« ツーリング風景・休憩 | トップページ | 九州の「道の駅」巡り・NO8 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/16187322

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の「道の駅」巡り・NO7:

« ツーリング風景・休憩 | トップページ | 九州の「道の駅」巡り・NO8 »