« 編集校正3 | トップページ | 寒中ツーリング・2日目 »

2008年1月28日 (月)

寒中ツーリング・1泊2日

寒くても、好きなことは止められません。
そんなわけで、1月26日・27日に別府鉄輪(カンナワ)温泉グルメ付きの
日豊リアスラインツーリングを敢行しました。

◇1日目(1/26)
メンバーはオジさん3名です。別府鉄輪温泉に現地集合ってことでゆっくりと福岡市を
出発、九州道古賀SAにMOVEさんと待ち合わせ。
九州道~東九州道で苅田町まで走ります。

本ツーリング最初の立ち寄り地は「北九州空港」です。
海上空港で離島仕様の飛行場です。
Riasbeppriasline_011_1024x683 Riasbeppriasline_012_1024x683
なんと、1Fインフォメーションの受付嬢は「メーテル」さんです。
マイクを介して、ちゃんと色んな案内をしてくれます。一体何種類の会話パターンに
対応できるんでしょうか...。
Riasbeppriasline_004_1024x683 Riasbeppriasline_005_1024x683
Riasbeppriasline_007_1024x683 Riasbeppriasline_010_1024x683
空港外観とスターフライヤーです。3F展望所には有料の足湯まで完備されてます。
(足湯は100円)足湯に浸かりながら、のんびりと飛行機の離発着の見学がてきます。
ランチはここで筑豊ラーメンでした。

あとの見所は苅田町と空港を結ぶ約2キロの連絡橋がなかなか絵になります。
Riasbeppriasline_026_1024x683
Riasbeppriasline_020_1024x683 Riasbeppriasline_027_1024x683
Riasbeppriasline_015_1024x683
撮影ポイントはこの写真の位置あたりが、ちょうどいいかと思います。但し、車での
駐車は危険ですので無理です。
スターフライヤーの機体見学目的から以外な発見になりました。

空港を離脱してあとはひたすらR10(下道オンリー)を南下して別府へ向います。
それでも、17時には旅館に到着しました。
Riasbeppriasline_035_1024x683 Riasbeppriasline_030_1024x683
宿泊は「旅之宿サカエ屋」さんです。本来はフリー宿泊はできない湯治客専用
の部屋に泊めてもらいます。時代を感じる部屋で同伴の二人も自分も満足でした。
(写真の右手の部屋)
着替えて、MOVEさんと温泉街の散策に出掛けます。
Riasbeppriasline_039_1024x683 Riasbeppriasline_041_1024x683
Riasbeppriasline_040_1024x683
100円温泉が何件もあります。道路の至るところから、湯煙が吹き出ていています。
すぐ近くには最近ミシェランの三ツ星認定を受けたばかりの「ひょうたん温泉」もあります。
散策から帰ると宮崎のライダーの1974さんも到着です。

1日目のメイン目的はグルメ・「海鮮物の地獄蒸し」です。
Riasbeppriasline_053_1024x683 Riasbeppriasline_042_1024x683
まず、懐石料理のコースです。風情ある宴席で、料理が上品に感じます。
Riasbeppriasline_045_1024x683
豊後水道ブランドの朝獲れの「城下カレイ」の造りです。極上の酒肴に酒がすすみます。
(城下カレイは俗称で性格には真子鰈(マコガレイ)のことです。 大分県日出の特産で、江戸時代、将軍への献上品の1つともされ、美味をもって知られています。
城下カレイは、日出城跡の崖下の海中に清水が沸くところがあり、そこに繁殖する特殊な藻や小魚を食べて大きくなったカレイをいい、2~4月頃が最も美味になります。)

(同伴のお二人は割りと下戸で..オジさんがひとりで呑んでました。)
Riasbeppriasline_047_1024x683
メインの伊勢海老・カニやサザエの「地獄蒸し」。
Riasbeppriasline_049_1024x683 Riasbeppriasline_050_1024x683
伊勢海老のプリプリの食感は至福です。湯煙で蒸しもので、単にボイルしたもの
とは別物の味覚です。(カニも然り)色々と歓談しながら、呑みながらと有意義な
時間が過ごせます。
Riasbeppriasline_056_1024x683
〆は柚子みかんのアイスクリームです。
食べ過ぎ・呑み過ぎ満腹で、メタボ対策が必要みたいですわ^^。
で、これで終わる訳はなく部屋に帰って2次会と相成るんでありました。
閉会は結局午前3時...でした。
(途中でビールや寿司の差入れ等あったりと、延々と...)

◇1日目データー
走行距離 197㌔ 天候 曇り・薄晴 気温0℃~6℃ 風 微風
雪にも降られずに割りと快適に走れた1日目でした。
=2日目=は追ってアップ致します。

« 編集校正3 | トップページ | 寒中ツーリング・2日目 »

みっちゃんの世迷言」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

ツーリング風景」カテゴリの記事

コメント

うえひろさん
こんばんは^^です。
こっちは寒くても、雪は積もりませんので冬でも朝夕の路面凍結さえ気いつけたら走れます。
1泊は今年初でしたが、幸い晴れていいツーリングが出来たと思ってたら、2日目の帰路は試練を味わいましたわ~。
でも、CBクンは元気でした。

早く、春がこないかな~。

○南みっちゃん
おはようございます。
別府の友人の紹介でしたので、リーズナブルな料金で楽しめました。

料理の「カレイ」は『城下カレイ』と言って隣の日出(ヒジ)町の名物で関あじ・さばと並ぶブランド魚です。幻の魚と呼ばれるだけあって美味でした。
ちょうど、今頃から4月くらいまでが旬です。

もう少し温くなったら、宮崎にまた帰りますんでどっか行きましょう。

 おはようです!
mixiも拝見しました。moveさんのも!
高そうな温泉宿ですね~^^;

酒の肴素晴らしく美味しそう、1回食べて見たいものです!

特にカレイの刺身。ヒラメはなかったんですか?
それと関サバ&関アジ~?
海老にガンチョはこちらにもあるから~いらない~笑い

土曜日は仕事、日曜日は雨でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/17877089

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中ツーリング・1泊2日:

« 編集校正3 | トップページ | 寒中ツーリング・2日目 »