« 雪(博多) | トップページ | 飛梅(太宰府天満宮) »

2009年2月 2日 (月)

枯山水・光明禅寺(太宰府市)

太宰府天満宮に飛梅撮影に出掛けた。
ところが、肝心の梅は1分咲きにも満たなかった。

ちょうど、単車を停めたとこに禅寺があったので立寄ってみた。
寺門を潜ると、すぐ右手に見事な枯山水が。
Garden_01
「紋」
枯山水とは、水をいっさい使わず、石や砂で自然の美を表現した、日本独自の庭です。

Kosansui_01
「緩」
「水無くして水を感じよ」、と言われる鑑賞をすることが壺です。
佇んで瞑目すると水音が聞こえてきそうです。
みなさん、いかがですか?写真から水を感じてもらえますか...^^。

Kosansui2_01
「力」
「立つ石に大地の力を感じよ」、これは石を鑑賞する上での壺です。
なぜに力強く感じるのか...。
石を地中に埋め込む際の”根入れ”にコツがあるようです。
側面から撮影しましたので、本来の力強さは感じられないかも知れませんが...。
苔蒸したその風情には、やはり強さを感じました。

Kosansui3_01
「静」
裏庭も撮ってみました。
回って、裏庭の枯山水も撮りたかったのですが、時間の都合でパスしました。
再訪の楽しみにとっておきました。

Kosansui4_01
大宰府天満宮の散策コースになっていて天満宮のすぐ近くです。
何回か行ってるのに、気付きませんでした。
これも単車散策の効用であります。

◇写真下の「題」は、イメージで管理人が付けたものです。
枯山水については管理人は造詣はありませんが、今回の発見で興味がでてきました。
福岡近郊・九州の禅寺で「枯山水」についての情報をお持ちの方は教えて頂けると
幸いです。

« 雪(博多) | トップページ | 飛梅(太宰府天満宮) »

ツーリング風景」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

kitaharaさん

こんばんは^^。
今日はもう雨...天気続きませんね。

撮影場所は天満宮の入口のすぐ近くです。
何回か行ってるのに、自分も気付きませんでしたわ。
九州の禅寺でもあるんですネ。
おっしゃる通り、ツーリング風景の中のカテゴリのひとつに追加です。

今週末は天気が良さそうですよ。
どっか、撮影ツーリングに行きましょうか。

太宰府にこのような禅寺があるとは知りませんでした。
ツーリングに新しいカテゴリー「枯山水巡り」が追加になって忙しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/43935388

この記事へのトラックバック一覧です: 枯山水・光明禅寺(太宰府市):

« 雪(博多) | トップページ | 飛梅(太宰府天満宮) »