« 初夏風景(つづらの棚田) | トップページ | 宝塚記念(阪神10R) »

2009年6月26日 (金)

宮崎県知事についての思い

相変わらず梅雨の合間の福岡県地方であります。
本日も30℃超の夏日、ギラキラと夏のsunが幅を効かしてらっしゃいます。
休みなれど、こんなに暑くちゃツーリングも制約されますな~。

そんなんで、自堕落な休日を楽しむ術を学ぶべき研究をしてるんではありますが...。
長年培ってきた、怠け者で非勤勉な習癖は容易に改まる筈もなく...。
時間だけは容赦なく、せっかくの休みを蝕んでいくのであります。

しかたなく、TVなど付けっぱなしにしていると不愉快なニュースなども聞こえてくるんであります。
何のニュースかと言いますと、「東国原宮崎県知事」の衆議院出馬に関わる分であります。
宮崎県出身のオジさんとして、大反対であります。
知事任期もまっとうせずに(明らかな公約違反)、何が国政だangry
おまけに、総裁候補としてならなどと”本気”で言ってのける”厚顔無恥”さには、ただただ呆れるだけであります。
県政も課題だけ山積させ積み残しまま...そんなでは国政などやれるはずがないと思うんであります。
宮崎県民として、自分らまでも恥ずかしい。
宮崎県民の人情深さやお人好しを利用するだけして、もう限界じゃからバイバイ~。
県政に限界を感じる程度の東国原さん、日本全体を治めるなら限界など感じられないんでしょうか。
まぁ、素人のオジさんには政治とか高度なことはよく分からんけど...。
人気と能力は別物ってことを賢明な県知事さんなら、よく理解されているように思うんですが...。

批判めいた記事になりましたが...。

口直しの写真です。撮影は6月24日分です。
0906245
また、三連水車です^^。

09062410
アルストロメリア、外来の種ですが紫陽花ばかりの路傍で異彩を放ってました。

東国原宮崎県知事のブログ
 ブログをご覧になると、今回の言動の背景も”厚顔無恥”も実によく感じられ腹立たしくなります。

夕方、大淀川を走った。行き交う県民の皆様に、石を投げられるか、罵声を浴びせられるかと思ったが、意外に、「頑張って!」とか「国を変えて!」とかの声が多く、びっくりした。ちょっと拍子抜けだった。宮崎(故郷)の人は、やっぱ、優しいな~暖かいな~と、心が「じ~ん」とした。

                                    (6/24・氏のブログより転載)
これを本気でそう思える氏の思考体系に驚く。
彼は本当に宮崎県人なのかと疑う。
諍いや争いを好まない宮崎人が、本人を目の前に罵倒するなどありえないことで、ましてや罵声を浴びせることもないのは当然であります。
それでも、多くの声援などはあったなどとは、とても信じられない。

« 初夏風景(つづらの棚田) | トップページ | 宝塚記念(阪神10R) »

みっちゃんの世迷言」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

名無しさん(お名前の記載がありませんので)

こんばんは、コメント・ご意見ありがとうございます。
おっしゃる通り、3年余の知事の偉大な功績を決して否定するものではありません。
多くの県民、また他県で活躍する同県人の方達も素晴らしい知事出現を誇りに思っていたに違いありません。
高い支持率もその事を物語っています。

今回の発言には高度なお考えがあってのことかもしれませんが、本記事は自身の私的感情を吐露した記事にほかなりません。
知事も宮崎出身であるわけですから、そういう県民感情をよく理解されての行動であれば、到底宮崎人の理解は得られることはないと思うわけです。
今回の発言の真意などは、県民にはどうでもいいことで...。真意が理解できるにせよ、知事に踏み台にされたと思う感情が先に立つのが自然ではないかと、勝手に思う管理人です。

名無しさん、宮崎は本当にいいところですよ^^。
どうぞ、宮崎へお越し下さい!!

私も近い将来には、宮崎に再度移り住む予定です。

はじめまして
今回の東国原宮崎県知事の発言は驚きでしたね
私は宮崎県民ではありませんが、今回の発言については違う認識をしております
確かに任期をまっとうせず、国政に転じる行為はおかしく思えますが
そもそも、今回は自民党の選挙対策として票集めの駒として知事を利用しようとする自民党への意志表示であり
それだけの覚悟をもって、今の国政を変えていかなければ何も変わらないと言う国政への怒りの発言と私はとらえております

波乗りをする関係で宮崎には、よく行かせていただくのですが
東国原宮崎県知事になってからあきらかに宮崎は変化していると感じます
県政に限界を感じたからバイバイなんて言うのとは違うと思いますよ

>行き交う県民の皆様に、石を投げられるか、罵声を浴びせられるかと思ったが
この言葉は、自分の発言の真意がきちんと分かっていただけてるだろうか?と考えてたから出てくる言葉じゃないですかね?

私は最初、東国原宮崎県知事が選挙に出られた時は反対でした
しかし、今の宮崎を変えていこうと、今までどの知事も考えてこられなかった面にまで目をむけ、宮崎をどげんかせんといかん!と頑張ってらっしゃるところは認める他にありません

今、国政へ転向するのは反対ですが
いずれ宮崎の中からだけでは限界がおとずれると思います
大好きで、いつかは移住したいと思ってる宮崎が発展する事を願いますと
東国原宮崎県知事がいつか国政に転じなければいけない時もくるのかなと感じております

若輩者が出過ぎた意見を申した事をお許し下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/45458737

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県知事についての思い:

« 初夏風景(つづらの棚田) | トップページ | 宝塚記念(阪神10R) »