« 蓮華 | トップページ | 笑顔に頬緩む^^ »

2009年7月13日 (月)

舁(か)き山笠の山小屋(六番山笠土居流)

博多祇園山笠もクライマックスが近づいてます。
梅雨明けもまじかな博多の街もは、もう蝉の声が聞けるようになってます。

早朝街中プチツーでブラブラ走ってると博多区の冷泉公園の北側に山小屋発見。

09071229

51年振りの山小屋の出現らしいです。
1958年以降、諸処の事由により山がなくなっていたとのことです。
市道上でありますが、今回の小屋復活は目出度いことであります。

09071230
舁(か)き山笠は「和心生大道(和心は大道を生ず)」です。
人形師は中村信喬さん。(写真は是非クリックしてご覧下さい。)

Washin
@大安和尚

和心とは、ひとつに融け合うこと。
利害損得を離れた心の交わりであり、互いの尊厳を認めた
上での平等の心。これこそが、「大道」すなわち仏の道、
人間が行うべき正しい道である、の意。

09071232

09071233
見送り側

☆撮影:2009年7月12日
ニコンD60・タムロン28mm~300mm RAW撮影


« 蓮華 | トップページ | 笑顔に頬緩む^^ »

写真」カテゴリの記事

コメント

スケさん、おはようございます(=゜ω゜)ノぃょぅ。

おっしゃる通り、山笠を仕舞う格納庫です。
都会でも、やっぱり経費とか後継者の問題で実現できなかったみたいですね。
今回の復活を機に、ずっと継承されるのを祈りたいと思います。

田舎の鎮守さまの祭りなども、廃れ維持できなくなったとこもたくさんあるようですネ。
寂しいです(。>0<。)。

戸畑のちょうちんのはあるんですが、博多の山笠は、一度も見たことがありません(>_<)

山笠を格納する山小屋「格納庫?」復活!
 伝統はそのまま継承するのがベストですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/45625407

この記事へのトラックバック一覧です: 舁(か)き山笠の山小屋(六番山笠土居流):

« 蓮華 | トップページ | 笑顔に頬緩む^^ »