« 7/18・日曜競馬 | トップページ | 鍋ヶ滝(夏) »

2010年7月19日 (月)

口蹄疫・東国原知事-2

宮崎県の口蹄疫騒動も民間種牛6頭の犠牲と引き換えにどうにか終息宣言がでそうである。
東国原知事は結局、何の為に中途半端に国と喧嘩したのか...。
何で最後まで、意地を通さなかったのか甚だ疑問である。せっかく好意をもって応援する気になっていたが...。
県益優先とかもっともらしい釈明をしているが、最終的には圧力に屈したのか最初からの台本通りなのか知る由もない。
残した結果は、県民を困惑させ種牛所有者のお気持ちを残酷に弄んだだけである。
勿論、国のやり方にも強い憤りは感じるが...。

7月17日付の日刊ゲンダイの記事はある程度は共感できそうな気分にもなる。
http://news.biglobe.ne.jp/politics/384/gen_100717_3845209414.html

前回は、おっやっぱり知事は「宮崎県人」だ!!って思っていたが....
◇前回のブログ
http://mitsu-chan-cbx.tea-nifty.com/mitsuchan/2010/07/post-dc4a.html

« 7/18・日曜競馬 | トップページ | 鍋ヶ滝(夏) »

みっちゃんの世迷言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/48914896

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・東国原知事-2:

« 7/18・日曜競馬 | トップページ | 鍋ヶ滝(夏) »