« 暇つぶし | トップページ | 昔の商売道具 »

2010年7月14日 (水)

口蹄疫・東国原知事

農水相会談テーマ:ブログ

本日、急遽、農水相と会談をさせて頂いた。農水省に呼ばれたのだ。会談の内容は、例の民間種雄牛6頭の件である。これまで、こちらから「お会いしたい」と申し出ていたにも関わらず、「会わない」と断られていた。
で、ここに来て、「会ってもいい」ということだった。新聞記事等によると「農水省に呼んで、県知事に、種雄牛を殺処分するように強く求める」ということだった。
どうしても話があるのなら、宮崎にお越し頂ければいいのに(笑)。

昨夜の時点ではお断りするように事務方にお願いしていたが、今日になって、余り子供染みた対応もどうかな?と思い、そして県民の皆様・県益等のことを考えると、ここはこちらの主張をしっかりお伝えすることが重要であろうと判断し、話に応じることにした。一応、大人の対応である(笑)。

実際、お会いしたら、報道の通りだった。「勧告をしたのだから、問答無用で県が殺処分しなさい」ということだった。

「勧告はあくまで自主殺処分・殺処分に協力することを勧告した。殺処分行為はまた別の行政行為である」。僕は、ハッキリ「出来ない」とお答えし、話はそのまま物別れ、平行線に終わった。


前段は宮崎県の東国原知事のブログです。
本件、知事の行動について元宮崎県民として賛成する。
県及び県益を守る為には、至極当然だと思う。

強権を翳して偉そうに云う、山田農水相の顔は昔の悪代官そのものだ。
こんなの言いなりになってたら、それこそ県知事の男が廃る。
他の畜産農家との平等性や整合性とか、報道ではとやかく言ってるが、宮崎県民にはそんなに狭量な人はいないよ(*^-^)。

今回の知事の行動・判断に素の宮崎人であることが感じられホッとした。
以前の衆院出馬騒動の見苦しさを払拭する今回の働き。ぜひ貫いて欲しい!!

☆民主・農水省の無策から拡散を宮崎県に押し付けるな(# ゚Д゚) ムッカー。

« 暇つぶし | トップページ | 昔の商売道具 »

みっちゃんの世迷言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60474/48871961

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・東国原知事:

« 暇つぶし | トップページ | 昔の商売道具 »